京都工芸繊維大学

微生物工学研究室(鈴木研)

研究内容

 バクテリアを中心とする微生物の様々な生命現象をDNA、RNA、タンパク質などの分子レベルで解析、解明する。これらの結果を環境、食品、医療分野へ応用する研究を行う。

主な研究項目

  1. アミノ酸、ペプチド、ポリアミンの代謝に関連する微生物酵素やトランスポーターの立体構造、触媒機構、発現調節機構、生理的機能などの解明および食品、医薬、環境などへの応用に関する研究。
  2. これらの酵素の発現を調節するタンパク質の解析とその利用研究。
  3. 木質バイオマスから効率的にエタノールを生産できる酵母株の育種。

NEWS

2021/10/05

更新

メンバー紹介を更新しました。
2021/08/04

受賞

鈴木教授が日本農芸化学会功績賞を受賞しました。日本農芸化学会ホームページに受賞講演が公開されています。
  • 受賞講演
  • 2021/07/04

    更新

    2000年以降の掲載論文一覧を更新しました。
    2021/06/04

    更新

    著書および学術論文目録学生・ポスドクによる学会発表を更新しました。
    2020/02/01

    学会

    博士前期課程大学院生 高倉有喜子さんが、日本農芸化学会関西支部例会(第512回講演会)において「γ-グルタミル-β-アラニル-ヒスチジンの酵素合成法の開発」を発表しました。
    2019/09/22

    学会

    博士前期課程大学院生 堀山智貴さんが、2019年度日本農芸化学会大会において「中程度好塩性細菌marinobacter halophilus由来γ-グルタミルトランスペプチダーゼの耐塩性と耐熱性について」を発表しました。
    2018/07/02

    更新

    著書および学術論文目録を更新しました。