[Japanese], [English]

 
(しぶや ゆう)

渋谷 雄

京都 工芸繊維大学
情報工学・人間科学系

略歴

1985年大阪大学工学部通信工学科卒業.1990年大阪大学大学院工学研究科通信工学専攻博士後期課程修了.工学博士.同年より京都工芸繊維大学工芸学 部電子情報工学科助手.同講師,同助教授を経て,2007年同 大学教授.1997年−1998年ドイツ,カッセル大学客員研究員.ヒューマンインタフェース,メディアコミュニケーション,モバイルイ ンタフェース,アウェアネスに関する研究に従事.電子情報通信学会, ヒューマンインタフェース学会,システム制御情報学会,日本人間工学会,情報処理学会,ACM各会員.

研究紹介

ヒューマンインタフェース研究室 のWeb ページで研究を紹介しています .

担当講義

論文

論文等リストより最近の論文10編を以下に掲載.

  1. 村田 和義,最上 聖也,渋谷 雄: 日記作成支援を目的とするスマートフォンによる行動記録・提示システム, モバイル学会誌, Vol. 7, No. 1/2, pp. 15-21 (2017).
  2. 村田 和義,吉野 広太郎,渋谷 雄: 写真撮影操作を用いた複数モバイル機器に対するデータ送信手法, モバイル学会誌, Vol. 4, No. 1/2, pp. 1-8 (2014).
  3. 小久保 綾子,村田 和義,渋谷 雄: 問題解答時の修正および停滞箇所を容易に把握可能なペン入力型 1 対1 授業支援システム, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 15, No. 4, pp. 477-485 (2013).
  4. 寺元 大貴,村田 和義,渋谷 雄: 3 次元立体視における注視物体の視差量が字幕の輻輳調節時間に与える影響, 人間工学, Vol. 49, No. 4, pp. 183-189 (2013).
  5. 村田 和義,江口 佳那,渋谷 雄: ミラーインタフェースにおける操作可能範囲の拡大を目指したオブジェクト選択手法, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 14, No. 1, pp. 65-76 (2012).
  6. 山田 浩輝,村田 和義,渋谷 雄: モバイル機器におけるドキュメント閲覧効率化のためのテキストと図表の独立ズーミング, モバイル学会誌, Vol. 2, No. 1, pp. 9-14 (2012).
  7. 渋谷 雄,藤本 悠城,村田 和義 : 記入領域内点指定を用いた領域抽出による書式指定用紙への記入支援, 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J94-D, No. 1, pp. 138-146 (2011).
  8. 村田 和義,永友 圭一郎,渋谷 雄: 携帯端末の動きによるズームとスクロールの並行実行を用いたWebページ閲覧手法, モバイル学会誌, Vol. 1, No. 1, pp. 55-61 (2011).
  9. 大下 純平,村田 和義,渋谷 雄: モバイル機器における電子メモ作成のための人差し指の一筆書き動作による文字入力手法, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 12, No. 4, pp. 459-470 (2010).
  10. 関 秀寿,服部 真承,村田 和義,渋谷 雄: ミラーインタフェースにおける触覚フィードバックの導入とその遅延がユーザビリティに与える影響, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 12, No. 2, pp. 113-121 (2010).

(参照:論文等リスト一覧


Last Update: 2018/04/08
Yu Shibuya, Dr. Eng.
Kyoto Institute of Technology