認証付き無線LAN(KITnetX)

情報科学センター管理の学内無線LANアクセスポイントから、ユーザ認証付きネットワークに接続することができます。
情報科学センターアカウントを所持している方を対象としています。
利用サービス指定で「NW認証(KITnet) / Network Authentication(KITnet)」の有効化が必要です。

概ね、

  • KITnetWと同じ、学内扱いになるIPアドレスを付与
  • プロキシを用いて学外アクセス
  • eduroamと同じ認証方式(Webブラウザを使わない認証方式)

として実装しています。

関連:

接続名 (SSID)

KITnetX

接続時のセキュリティの種類

  • WPA2 Enterprise(WPA2エンタープライズ, WPA2-EAP)
  • EAP方式: PEAP
  • フェーズ2認証: MSCHAPV2
  • CA証明書: システム証明書を使用
  • ドメイン: kit.ac.jp
サーバ証明書の確認を促すメッセージが表示される場合があります。以下の証明書情報と一致することを確認してから接続してください(2022/04/19現在)。
なお、デバイスによっては一部の情報が非表示になっていることがあります。

ドメイン
sys10netldap01.cis.kit.ac.jp
フィンガープリント(SHA-256)
E2:88:F9:A8:32:0C:BD:CC:18:BC:09:79:2A:4E:96:40:F2:A7:C8:38:BC:9B:2F:69:FD:C6:EC:83:8A:3E:A1:CF
フィンガープリント(SHA-1)
1D:57:DB:D9:F0:C3:9F:D2:33:E6:10:E9:10:DB:53:E9:47:1F:47:5B

もしくは

ドメイン
sys10netldap02.cis.kit.ac.jp
フィンガープリント(SHA-256)
3E:AE:BE:93:6B:16:E2:28:C0:BD:E7:97:A9:A3:EA:39:41:B1:28:CD:32:99:BE:70:41:C8:1D:2B:F3:EB:1F:50
フィンガープリント(SHA-1)
80:09:24:8E:FB:1E:80:85:6D:34:85:DF:4F:A0:3A:2B:7D:7B:4E:6C

SSID「KITnetX」に接続し、ユーザIDとパスワードの入力画面が表示されたら、以下の通り入力してください。

  • ユーザ名(ID): 情報科学センターアカウントのログイン名
  • パスワード: 情報科学センターアカウントのパスワード

追加設定

プロキシの設定を「自動」にします。(Windows『設定を自動的に検出する』/ Mac『プロキシ自動検出』/iPhone・iPad『自動』/ Android『プロキシの自動設定』)
また、Android は、PAC URL に

https://www.cis.kit.ac.jp/proxy.pac

を入力します。