「グローバルIPアドレス等使用報告書」の記入要領

固定グローバル IP アドレス接続の使用状況に変更(使用しているグローバル IP アドレスが増減した、引っ越しした等)があった場合、グローバルIPアドレス等使用報告書にて使用状況の報告をお願いいたします。

提出先

IP-admincis.kit.ac.jp
※ 取扱責任者以外の方が代理で提出される場合は、必ず取扱責任者のメールアドレスを Cc に入れてください。

記入するときの注意

  • 必ず、使用しているすべてのグローバル IP アドレスを記入してください。
  • 記入する行数が足りない場合は、「行の挿入」で入力できる行を増やしてください。

記入欄の説明

グローバルIPアドレス – ネットワーク部

グローバル IP アドレス 133.16.X.Y のうち 133.16.X の部分を記入してください。

グローバルIPアドレス – ホスト部

グローバル IP アドレス 133.16.X.Y のうち Y の部分を記入してください。133.16.X.Y から 133.16.X.Z までの連続した IP アドレスで他の記入欄が同じ内容の場合は Y〜Z と記入してもかまいません。

機器の区分

以下の区分から該当するものを1つ選択して記入します。学内利用限定機器以外はインターネットにアクセスできます。

機器の区分 概要 インターネットへのアクセス 含まれる機器の例
常時接続端末 KITnet に常時接続している できます デスクトップパソコン、Mac、ワークステーション
時々帯出端末 学外に持ち出すことがある できます ノートパソコン、タブレット端末
ゲートウェイ パソコン等とKITnetとの通信を仲介する できます ルータ、AirMac、ファイアウォール
学内利用限定機器 KITnet 内でしか利用しない できません ネットワークプリンタ、学内専用サービスのキオスク端末

備考

報告者がアドレス管理上、必要な事項(使用者名、マシン名など)を自由に記入できます。

使用場所 – 建屋名・室番号

使用する端末の建屋と室番号(501Aなど)を記入します。場所を移動することがある場合は複数記入してもかまいません。分からない場合は、室名(○○実験室など)を記入してください。

基幹スイッチ – 所在略字・接続ポート

使用する端末が接続している KITnet ノードの略字・接続ポートを記入します。分からない場合は、建屋の KITnet ノード管理者(どなたか分からない場合は情報科学センター)にお問い合わせください。