情報科学センター広報誌

情報科学センターでは年に1回、情報科学センターの機器・サービスの活用事例を広く知っていただけるよう、広報誌を発行しております。
KIT学術成果コレクションにリンクが貼られている記事につきましては、フリーで閲覧することができます。表紙デザインはクリックで拡大されます。

バックナンバーはこちらから。

情報科学センター広報誌 No.39 裏表紙 情報科学センター広報誌 No.39 表表紙

表紙のデザインについて

今年の自粛生活やソーシャルディスタンスが求められる雰囲気から、自分を守るバブルを連想しました。これは当初、身を守るために一時的に各個人を隔離する措置でしたが、次第に新しい生活環境へと馴染んだり、より便利な社会を作り出す可能性を秘めていると考えています。それを色面構成のようなカラフルな色合いで表現し、たゆたう海から浮上していく姿を映し出すことで、悲観的にならずに、未来へ向かって歩んでいく人々の様子を表しました。

表紙デザイン:西村ゼミ デザイン学専攻修士 1 回生 吉川鈴嘉
デザインディレクション:デザイン・建築学系 西村雅信

情報科学センター広報誌 No.39(2020年度)目次

  • 巻頭言
    オンライン授業への大転換がもたらすもの/前田耕治
  • 紹介
    実録風(?)とあるセンター教員の呟き/桝田秀夫
    コロナ禍・オンライン授業下で Moodle に関してよくあった質問/森 真幸・玉井啓介
  • 寄稿
    On-line 講義とアクセシビリティ―コロナ禍の新入生アンケート調査より―/藤川洋子
  • インタビュー
    その高いレベルが、デフォルトになってしまって―応用化学課程 化学基礎実験―/吉田裕美
    「満足のいくコンテンツ」を提供しなければいけません/則末智久
  • 授業の風景
    物理学基礎実験のオンライン授業/八尾晴彦
    オンライン講義をやってみて(階層構造形成論)/橋本雅人
  • 特別寄稿
    表紙デザイン案紹介―コロナ禍・オンライン授業における「学生の声」―
  • 担当教員のページ
    研究室紹介:分散システム研究室と教育情報システム研究室/森 真幸
  • 職員のページ
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてのリモートワークシステム構築運用/春田 歩
    COVID-19 時代のコラボレーションシステム導入について/秋山剛志・山岡裕美
    2019 年度技術職員参加研修等
  • 指導員のページ
    コロナ禍での指導員の業務を通じて/福林侑也
    オンラインでの指導員業務を通して/大江祐里佳
  • 報告
    2019年度の運用報告
    2019年度の利用実績
    センターより/編集後記

バックナンバーはこちらから。