画面の動きを記録する 1st April 2009

Winkをダウンロード&インストール
http://www.debugmode.com/wink/

こんなのが作れる http://kyotofly.kit.jp/stocks/documents/how_to_order.html
「動画」にまで手を出すなんて……

Meadowで、pdfやワードなどのファイルを眺める 26 Oct 2008

xdoc2txt をインストールし bf-mode を設定すると、 pdfやワードなどの様々なファイルがMeadowで眺められる。
以下の拡張子
.docx .xlsx .pptx .html .elm.rtf .doc .xls .ppt.jaw .jtw .jbw .juw .jfw .jvw .jtd .jtt .oas .oa2 .oa3 .bun .wj2 .wj3 .wk3 .wk4 .123 .wri .pdf .mht

xdoc2txtの取得とインストール

http://www.bookshelf.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?MeadowMemo%2Fdired%A4%C7%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%A4%CE%C6%E2%CD%C6%A4%F2%C9%BD%BC%A8%A1%BDbf-mode
に従う

http://www31.ocn.ne.jp/~h_ishida/xdoc2txt.html
より xdoc2txt本体(exe)とzlib.dllを取得。
パスの通ったところに置く(/cygwin/usr/local/bin)

bf-mode.elの取得と設定

http://www.bookshelf.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?MeadowMemo%2Fdired%A4%C7%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%A4%CE%C6%E2%CD%C6%A4%F2%C9%BD%BC%A8%A1%BDbf-mode
から bf-mode.elを取得し、また、貼り付けてあるdiffをファイルにしてパッチを当てる

patch bf-mode.el diff.el

さらに bf-mode.el に以下を追加
(defvar bf-mode-xdoc2txt-exts '(
のところ

;xdoc2txt 1.30 R2 supports these files 
                           "\\.docx" "\\.xlsx" "\\.pptx"
                           "\\.html" "\\.elm"

xdoc2txtの出力がshift jisになるよう以下の修正を行う(Meadowが shift jisで見てしまうので)

       "xdoc2txt" " -s " (file-name-nondirectory fn))))  ; 26 Oct 2008 tomaru
;       "xdoc2txt" " -e " (file-name-nondirectory fn))))

以上の修正をした bf-mode.el を c:\Meadow\site-lisp に置く

.emacsの修正

http://email.esm.psu.edu/pipermail/macosx-emacs/2008-March/000356.html
に従って、

(require 'dired)

を (require 'bf-mode) の前に書く
そうしないと

Symbol's value as variable is void: dired-mode-map

のエラーが出る

http://www.bookshelf.jp/soft/meadow_25.html#SEC299
に従い、以下を書く

(require 'bf-mode)
 ;; 別ウィンドウに表示しないファイルの拡張子
(setq bf-mode-except-ext '("\\.exe$" "\\.com$"))

htmlの表示、圧縮ファイルの表示の設定

;; html は w3m で表示する
(setq bf-mode-html-with-w3m t)
;; 圧縮されたファイルを表示
(setq bf-mode-archive-list-verbose t)
;; ディレクトリ内のファイル一覧を表示
(setq bf-mode-directory-list-verbose t)

圧縮されたファイルを直接編集

http://www.bookshelf.jp/soft/meadow_23.html#SEC236
に従う

(auto-compression-mode)

http://cgi.netlaputa.ne.jp/~kose/diary/?0301
に従い

(setq archive-zip-use-pkzip nil)

これにより「pkunzip がない」エラーが出ずにきちんと圧縮ファイルの中が見える

使い方

diredで、つまり、C-x C-f で、ディレクトリを表示させてから

b

とタイプする。

これで、Meadowのウィンドウが2つに分割され、カーソルがディレクトリに行けば、ディレクトリの中を、テキストならテキストの中身を、docならワードファイルの中身を眺められる。大きなファイルの場合は眺められない(設定を変えれば見えると思うが)。

再び

b

とタイプすると、元々のdiredに戻る。

Mebius 再インストール 22 September 2007

メビウスの液晶画面が不調になったので修理に出したら、ハードディスクの故障もあると言われ、交換。真っ更のマシンにインストールすることになったので、メモを残す。ほかの人の参考になるとは思えないのだが、折角なので(いったい何が折角なのだろう、と書いてる本人が言っちゃいけないのでしょう。だから言わない)。いちばん参考にしたのは(ある意味当然ですが)自分のメモであるいんすとーるめも

なお、バックアップはほぼ完璧だったので、デジタルカメラの中に残っていた写真と科研費の書類に入れようとして加工したばかりの図、Firefoxの最近のブックマークが消えてしまった以外は大きな被害なし、でした。

インストールしたもの

McAfee VirusScan 8.5i ← 大学からの支給
Windows Update
デスクトップのいつもの絵 ← 知ってる人にはわかるあれ(しつこい?)
WinEyes (weyes101.lzh)
firefox
thunderbird
skkime
AltIME
Lhaca
cygwin
jpeg2ps
Meadow2.10
ESS
R-2.5.1 for Windows
stunnel
ffftp 1.95
platex
lineno.sty
bsfilter
Microsoft Office 2003 ← これはCDからのインストール
Adobe Photoshop 7, Illustrator 10, Acrobat 6 ← これはCDからのインストール
SeqScanner ← Applied Biosystems

McAfee VirusScan 8.5i/Windows Update/デスクトップのいつもの絵

当然必要。方法は省略。これだけで3時間以上かかる :-< OSはWindowsXP Home
デスクトップのいつもの絵は、マイピクチャにコピー。これで壁紙設定ができる。

firefox/thunderbird

Mozillaより。firefoxのアドオンなどは、下のもの(あとでバックアップからのコピーでも再生することがわかったので、今回新たに入れたのは「タブカタログ」のみ)

draganddropupload
GooglePreview
NoScript
タブカタログ
Red Cats (green flavor) ← テーマ

cygwin

ウィンドウズでUnixコマンドが使えるようにできる。 sshやsftpのようなセキュアな通信ができる。 また、tarを使ってファイルの解凍/凍結をしたり、platexやjpeg2psを使うとか perlを使うとか。 ruby、aspell、w3mなどを使ったりとコマンドラインから以外の使い方もある。

http://cygwin.com/ より setup.exe を入手
setup.exe をダブルクリック
デフォルトに加え、以下も追加

aspell(ispellの代り)
ruby(bsfilterに必要なので)
perl(これは必要)
ping(これは必要)
gcc(何かのインストールに必要でしょう)
make(何かのインストールに必要でしょう)

ウィンドウズのユーザアカウント(tomaru)を認識するので、そのままでよい
その結果

c:\cygwin\home\tomaru

がホームディレクトリになる

jpeg2ps

jpegファイルをeps形式にするラッパ

http://www.pdflib.com/jp/more/jpeg2ps.htmlより入手

c:\cygwin\usr\local\bin に入れる

Meadow2.10

emacsのウィンドウズ版。 これなくしてはウィンドウズは使えない。
というか、これがあったためにウィンドウズでがまんできるというか。

http://www.meadowy.org/meadow/netinstall より、 setup-ja.exe を入手

setup-ja.exe をダブルクリック
apellを追加 ← skkで必要
Mule-UCSを追加 ← ユニコードの処理で必要(26 Oct 2007)
c:\cygwin\home\tomaru をホームディレクトリに指定

meadow が sh.exeがないと言うのでcygwinの実行ファイルへpathを通す

コントロールパネル → システム → 詳細設定 → 環境変数から
c:\cygwin\bin

ESS

meadow(emacs)から、Rを使うためのlisp

http://stat.ethz.ch/ESS/downloads/ess/ より入手

cygwin のコンソールで
$ tar xvzpf ess-5.3.6.tgz -C /cygdrive/c/meadow/site-lisp/

.emacsに追加

; ESS (Emacs Speaks Statistics)  29 April 2005
(require 'ess-site)

R-2.5.1 for Windows

Rウィンドウズ版
統計検定なら、これ。

http://cran.md.tsukuba.ac.jp/bin/windows/base/ より入手
meadowのESSで使うため、RのバイナリへのPathを追加

コントロールパネル → システム → 詳細設定 → 環境変数から

stunnel

SSLに対応していないアプリケーションの代りにSSL通信をしてくれる

4をインストール、3に置き替え(いんすとーるめもを以下に再掲)

目的は「meadow + mewをstunnelで、SSL化する」こと」
その理由は、
本学では学外からのメールの送受信は「POPS,SMTPSのみ」になったため。
ノートマシンなので学外であろうとなかろうと、SSLで通信するように設定

stunnelをダウンロードする。

なぜかstunnel ver. 4だと上手くいかないので、ver. 3を使う。

これで、openSSLとともにインストールができた

mewの設定

.mew.elに下を追加

; stunnelがないと言われないために
; 参考 http://blog.so-net.ne.jp/SometimeBlue/2005-04-05
(setq mew-prog-ssl "C:\\Program Files\\stunnel\\stunnel.exe") ; 02 March 2006
;; SMTP サーバの設定 
; 参考 http://www.math.waseda.ac.jp/~norikazu/memo/mew-waseda-net.html
(setq mew-smtp-ssl t) ; 02 March 2006
(setq mew-smtp-ssl-port "465") ; 02 March 2006

ffftp 1.95

ftpクライアント
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/より入手

platex

LaTeX日本語版

http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/mycreate/より

kakuto3_0_60.zip = TeXインストーラ3 0.60  (最終更新:2007/08/05)を入手
zip ファイルを展開し、kakuto3.exe をダブルクリック

今回はすべてデフォルトのままインストールした

lineno.sty

LaTeXで、行番号を入れるためのスタイルファイル
詳細はLaTeXめも 参照

c:\tex\share\texmf\tex\latex\base にコピー
$ mktexlsr

bsfilter

ベイジアンスパムフィルター
いんすとーるめもを再掲+少々の追加

スパムメールがあまりにも多くなり、大事なメールを読み逃すことが何度がでてしまった。そこで、スパムフィルタを入れることにしました。既に、meadow + mew + stunnelで、SMTP over SSL、POP over SSLを実現しているのですが、多少いじることになりました。スパムフィルタは、bsfilterを使いました。

bsfilterがpop proxyとして働き、mew(メーラ)は、localhostにアクセスするということになります。

POP3サーバ[ポート番号○○○] −SSL→ bsfilter[ポート番号10110]→ mew

で、bsfilterがスパムかどうか判定し、X-Spam-Flag: と X-Spam-Probability: を追加する。メーラはFlagを見て動作する。具体的には、.mew.elでは削除マークを付けるようになっています。


方法

基本的には、
bsfilter / bayesian spam filter / ベイジアン スパム フィルタ
http://bsfilter.org/ (本家のホームページ) と
「bsfilterをmew version 4から使う」 http://bsfilter.org/mew.html
に従いましたが、SMTP over SSLがあったり、そのほかいろいろあったので、違うところ複数(2つデハナイ)あり、です。

bsfilterの取得

http://sourceforge.jp/projects/bsfilter/files/ より bsfilter-1.0.16.rc2.tgz をダウンロード
展開

$ tar xvzpf bsfilter-1.0.16.rc2.tgz

iconv.dllの取得とインストール

http://bsfilter.org/ (本家のホームページ)に従う。
香り屋 http://www.kaoriya.net/#LIBICONV より
iconv-1.9.1-dll.tar.bz2
をダウンロード
展開
$ tar xvjpf iconv-1.9.1-dll.tar.bz2
README_j.txtに従い、 iconv.dllをC:\WINDOWS\SYSTEMディレクトリにコピー

rubyで bsfilter を動かすなら不要(02 Nov 2007)

bsfilterの設定

いろいろ設定はしてみたもののWindows用のバイナリbsfilter.exeとbsfilterw.exeがどうも上手く働いてくれないので、rubyで動かすことにする。読み仮名のルビじゃなくって、スクリプト言語のrubyよ。

[追記 02 Nov 2007]
なぜか使っている間に不具合がでてきたので、修正
bsfilterを開始するバッチファイルを「bsfilter-start.bat」
bsfilterにmewからアクセスするためのバッチファイルを「bsfilter.bat」
とした

  1. bsfilterというファイルを実行用のディレクトリ(C:\cygwin\usr\local\bin)にコピー
  2. バッチファイルを作る(MS-DOSと同じ:なつかしいというか情けないというか) これをスタート メニュー/プログラム/スタートアップに入れ、起動時に働くようにする。いつも「DOS窓」があるのであまり気持ちよくないのですが、仕方ありません。
    bsfilter.batもC:\cygwin\usr\local\binに入れておかないと、meadowから学習させるときspawn child process とのエラーが出る。【注意】

これのショートカットをスタートアップに入れる

homedir  c:\cygwin\home\tomaru\.bsfilter
ssl
pop
auto-update
insert-flag
insert-probability
pop-server [pop3サーバ名]
pop-port [POP over SSLとしてのポート番号]
pop-proxy-port 10110
pop-user [ユーザ名]

これを「~/.bsfilter」に入れる

http://bsfilter.org/ (本家のホームページ)によると

【重要】
bsfilterの 本家のホームページ のオプションの説明には下のようにあるので、 設定ファイルをbsfilter.confとしたくなるのですが、 pop.confなどのように別なファイル名にしておかなければならない

--config-file filename
   設定ファイルを指定する。デフォルトでは、上記bsfilterホームディレクトリの
   bsfilter.confが使用される。

spam や ham を学習させるときには、bsfilter.bat が使われるのですが、 bsfilter.conf があるとその設定に従ってしまうようです。
pop.confと同じような内容にしていたら、サーバプロセスがすでに動いていると 文句を言ってきました。

.emacs の修正

(setq mew-config-alist
   '(("default"
;       ("smtp-server" . "[SMTPサーバ名]")
; 上をコメントアウト16 May 2007
;       ("pop-server"  . "[POP3サーバ名]") 
; 上をコメントアウト16 May 2007
      ("pop-proxy-server"  . "localhost") ; 15 May 2007
      ("pop-proxy-port" . "10110") ; 15 May 2007
      ("pop-user"    . "[ユーザ名]")) ; 15 May 2007
     ))
; bsfilter用 15 May 2007
; bsfilter-1.0.15/mua/mew4/emacs.el(bsfilter-1.0.15.tgzを展開した中にある)よりコピー
(setq mew-spam: "X-Spam-Flag:")

localhostのポート番号10110 = bsfilter からメールを受け取るように設定するのがミソ

.mew.el に追加

関係しそうなものは以前のものも書いておきます

;; SMTP サーバの設定 
; 参考 http://www.math.waseda.ac.jp/~norikazu/memo/mew-waseda-net.html
(setq mew-smtp-ssl t) ; 02 March 2006
(setq mew-smtp-ssl-port "465") ; 02 March 2006
(setq mew-smtp-server "[SMTPサーバ名]") ; 16 May 2007
(setq mew-smtp-user "[ユーザ名]") ; 16 May 2007
(setq mew-smtp-auth-list '("PLAIN" "LOGIN" "CRAM-MD5" )) ; 16 May 2007
; POP over SSL, SMTP over SSLに対応させる
; 参考 http://www.math.waseda.ac.jp/~norikazu/memo/mew-waseda-net.html
;(setq mew-pop-ssl t) ; 02 March 2006 
;(setq mew-pop-ssl-port "995") ; 02 March 2006
; 上の2つをコメントアウト16 May 2007
(setq mew-ssl-verify-level 0) ; 02 March 2006
; bsfilter用 15 May 2007
; bsfilter-1.0.15/mua/mew4/mew.el(bsfilter-1.0.15.tgzを展開した中にある)よりコピー
;; $Id: mew.el,v 1.3 2006/01/14 07:38:50 nabeken Exp $
以下すべて(長いので省略)

これまでは、POP over SSLとSMTP over SSLが同じエージェント(?)と通信していたので問題なかったのですが、これからは、POPはbsfilterが、SMTPはmewがアクセスするので別ものとなってしまいます。そこで、メールの送信ができるように、SMTPサーバにもユーザ名とパスワードを教えてやるわけです。これは、メールサーバの設定によりいろいろと違うところがあるでしょう。本学では、POP before SMTPが使えるので、今迄はなにもせずによかったのですが、これからはSMTP authを使う、ということです。たぶん、これでいいのだと思う。

(setq mew-smtp-auth-list '("PLAIN" "LOGIN" "CRAM-MD5" )) ~

は、デフォルトでは、mew-vars.elに

(defcustom mew-smtp-auth-list '("CRAM-MD5" "PLAIN" "LOGIN")
 "*A list of SMTP AUTH methods in the preferred order.
Currently, \"CRAM-MD5\", \"PLAIN\", and \"LOGIN\" can be used."
 :group 'mew-smtp
 :type '(repeat (choice (const "CRAM-MD5") (const "PLAIN") (const "LOGIN"))))

とあるように、"CRAM-MD5" "PLAIN" "LOGIN"の順なのですが、パスワードを入れるとMD5の暗号化がされていないと言われたので、PLAINを前に持ってきて対応した。

いくらか.emacsと.mew.elでの設定の重複やら混乱があるので、今回の修正も意味がないものが入ってしまったような気がする。

使い方

mewでメールを読むと
スパムメール(X-Spam-Flag: Yesのもの)は削除マークが付く

スパムメールに対しては、

ls ← learn spam

非スパムメール(「ハム」)に対しては

lh ← learn ham

とやって教えてやると覚えてくれる。

間違えて、試しのときに数百通(600以上だったような気が)受け取ってしまい、仕方なくすべてをスパムとハムを教えたら、その後は大変順調でした。 メールサーバにメールを残す設定にしておいたら、bsfilterはmewとは違うものと判断され(当然ですが)、pop3から全部取ってきてしまったわけです。

Windows用のバイナリの不具合について

SSL_CTX_new:: libarary has no ciphers

とのエラー。SSLが悪いというより、bsfilterのコードが古いか何かが原因のもよう。
というのは、
ネットワークプログラミングの基礎知識 >> SSL/TLS でアクセスしてみよう (1)
http://x68000.q-e-d.net/~68user/net/ssl-1.html によると

例えば SSL_library_init() を呼ばずに SSL_CTX_new() を呼ぶとエラーとな
りますが、その際以下のようなメッセージが標準エラー出力に吐かれます。

とあるので。

skkime

SKK(Simple Kana Kanji converter)のIME版。SKKはemacsで仮名漢字変換をするためのlispで、それをIMEとして動くようにしたもの

skkime's page (http://www.tatari-sakamoto.jp/skkime.jis.html#skkimeWin2kXP)より

skkime1.0-winxp-vs2003build-snap20070728.tar.gz
を入手。適当なフォルダで解凍

$ tar xvzpf skkime1.0-winxp-vs2003build-snap20070728.tar.gz

SKK Openlab (http://openlab.jp/skk/wiki/wiki.cgi?page=SKK%BC%AD%BD%F1)より、SKK辞書(SKK-JISYO.L.unannotated.zip)を入手。アノテーションのないものの必要がある。
解凍後、SKK-JISYO.L.unannotated を
「C:\Documents and Settings\tomaru\Application Data」に作ったフォルダ
「SKK-JISYO.L.unannotated」へ移動

snap20070728-vs2003.wxpフォルダの中の

SKKI1_0U.INF を右クリック
「インストール」を選び、インストール
コントロールパネル → 地域と言語のオプション → 言語タブをクリック → 詳細(D)...
→ 規定の言語に「日本語 − SKKIME ver. 1.0」を選ぶ
→ プロパティ(P)... → 辞書設定タブをクリック
→ 追加(I) → 参照(B) 
→ 「C:\Documents and Settings\tomaru\Application Data\SKK-JISYO.L.unannotated」内の
SKK-JISYO.L.unannotatedを選ぶ

なお、skkime1.5-winxp-vs2005build-snap20070822.tar.gz はうまく動きませんでした。辞書の設定ができませんでした。

AltIME

キーボードのCapsLockとCtrlキーを交換。ほかにも機能があるのですが、ぼくの使っているのはこれだけ。
Vector (http://www.vector.co.jp/ ) より入手。

Lhaca/WinEyes (weyes101.lzh)

lha解凍/凍結ソフト。と目
Vector (http://www.vector.co.jp/ ) より入手。まずは、デスクトップに目がなくっちゃ、ね。

Microsoft Office 2003 / Adobe Photoshop 7, Illustrator 10, Acrobat 6

ビルちゃんの世界制覇ソフト、アドビの業界制覇ソフト
これはCDからのインストール

SeqScanner

Applied Biosystems のもの。インストーラを叩くだけ

Meadowの設定メモ

BDFフォントを使った日本語の表示

meadowをネットインストールした場合、何もしなくてもいいようです。
C-h h (HELLO ファイル) の全てを表示できます。
それとも、.emacsに何か設定してしまっているのだろうか……。

ps-printの設定

(setq printer-name "c:/cygwin/home/tomaru/meadowprint.ps")

ファイルなしで、M-x ps-print-bufferでOK

ispellの設定

外部実行ファイルはispellではなく、aspellを使う

w3m-emacsの設定

w3mはテキストベースのブラウザだそうです。
といって、テキストベースでブラウザを使う必要はないのですが、これがないと困ることが多いのです。 なぜかというと、mewでメールを読むとき、これを設定しておかないとhtmlメールが読めなくなるのです(C-c C-eすればfiber.exeを使ってfirefoxで読めますが、不便)。 w3mが使えれば、「.」(ピリオド)と打てば、htmlメールもちゃんと読める。
ということで、インストールしました。 とはいえ、よけいな設定がたくさん入ってはいます。


meadowのネットインストールでは、w3m-emacsのsite-lispはインストールされのですが、w3mの本体(外部プログラム)がインストールされません。 そこで、cygwinのものを使うことにするとインストールのは手間は不要になります。

以下を. emacsに追加。参考URLはコメントのとおり

;; 05 January 2005
; http://www.annie.ne.jp/~y-oka/pc/meadow/w3m.html
;emacs-w3m の install
;※Meadow2 をnetinstallしている場合、defaultで site-lisp に w3m がある
;ので、installは不要で、設定のみ行えばよい。
(autoload 'w3m "w3m" "Interface for w3m on Emacs." t)
(autoload 'w3m-find-file "w3m" "w3m interface function for local file." t)
(autoload 'w3m-browse-url "w3m" "Ask a WWW browser to show a URL." t)
(autoload 'w3m-search "w3m-search" "Search QUERY using SEARCH-ENGINE." t)
(autoload 'w3m-weather "w3m-weather" "Display weather report." t)
(autoload 'w3m-antenna "w3m-antenna" "Report chenge of WEB sites." t)
;
(add-hook 'w3m-mode-hook
	  '(lambda ()
	     (set-face-foreground 'w3m-anchor-face "DodgerBlue")
	     (set-face-foreground 'w3m-arrived-anchor-face "SteelBlue")
;	      (set-face-foreground 'w3m-bitmap-image-face "")
;	      (set-face-foreground 'w3m-bold-face "")
;	      (set-face-foreground 'w3m-current-anchor-face "")
;	      (set-face-foreground 'w3m-form-face "")
;	      (set-face-foreground 'w3m-header-line-location-content-face "")
;	      (set-face-foreground 'w3m-header-line-location-title-face "")
;	      (set-face-foreground 'w3m-history-current-url-face "")
;	      (set-face-foreground 'w3m-image-face "")
;	      (set-face-foreground 'w3m-underline-face "")
	     ))
 (global-set-key "\C-cmw" 'w3m)
;; 05 January 2005
;http://www.bookshelf.jp/soft/meadow_55.html#SEC746
;
; 55.5.2 emacs-w3m のインストール (2004/01/27)
;
;設定方法は?
;
;.emacs に以下を追加します
(autoload 'w3m "w3m"
  "Interface for w3m on Emacs." t)
(autoload 'w3m-find-file "w3m"
  "Find a local file using emacs-w3m." t)
(autoload 'w3m-search "w3m-search"
  "Search words using emacs-w3m." t)
(autoload 'w3m-weather "w3m-weather"
  "Display a weather report." t)
(autoload 'w3m-antenna "w3m-antenna"
  "Report changes of web sites." t)
(autoload 'w3m-namazu "w3m-namazu"
  "Search files with Namazu." t)
; 55.5.3.3 w3m-search - 検索エンジンの使用 (2004/08/09)
;
;M-x w3m-searchで検索エンジンで検索できます. この時, 使う検索エンジン
;は以下のようにして変更できます.
; 	
;; デフォルトで使う検索エンジン
(setq w3m-search-default-engine "google")
;
;
;使用できる検索エンジンは w3m-search-engine-alist に設定されています. 
;F1 v w3m-search-engine-alist で確認できます.
;w3mのinfoより
;   * Q. Cookie が必要なページを閲覧できません。
;
;     (まだ実験的な機能です。)
;
;     変数 `w3m-use-cookies' に `nil' 以外の値が設定されていることを確
;     認して下さい。
(setq w3m-use-cookies t)
;
;`browse-url' の機能とともに emacs-w3m を使うことができます。例え
;ば、以下の行を `~/.emacs' ファイルに入れて下さい:
;
     (setq browse-url-browser-function 'w3m-browse-url)
     (global-set-key "\C-xm" 'browse-url-at-point)
;
;こうすることによって、Emacs のどのバッファでも、URL のような文字
;列の上で `C-x m' キーをタイプすると、emacs-w3m が起動されます。加
;えて、`C-c C-v' キーをタイプすることによって、まさに編集中の HTML 
;ファイルを emacs-w3m で下見 (preview) することができます (HTML ファ
;イルの編集に、Emacs と `html-mode' メジャーモードを使う必要があり
;
;
;   * dired
;`dired' のバッファで `C-x m' キーをタイプすることによって、
;emacs-w3m を使って HTML ファイルを閲覧することができます。
;`~/.emacs' ファイルで、以下の設定を使って下さい:
;
(eval-after-load "dired"
  '(define-key dired-mode-map "\C-xm" 'dired-w3m-find-file))
;
(defun dired-w3m-find-file ()
  (interactive)
  (require 'w3m)
  (let ((file (dired-get-filename)))
    (if (y-or-n-p (format "Use emacs-w3m to browse %s? "
                          (file-name-nondirectory file)))
        (w3m-find-file file))))
;
;
;   * yahtml-mode
;
;Emacs-w3m を使って、`yahtml-mode' でまさに編集中の HTML ファイル
;を下見 (preview) することができます。例です:
;
(defadvice yahtml-browse-html
  (around w3m-yahtml-browse-html activate compile)
  (w3m-goto-url (ad-get-arg 0) t))

Mewの設定メモ

emacs上で動くメーラ

ここにあるといいのはわかるのですが、バックアップファイルから .emacs .mew.elその他全てを戻したらちゃんと動いてしまった。設定したのはかなり前なので、記憶を呼び戻すのが大変なので、今回はパス。上に書いたほかは、特別な設定はしていません。

ESS Emacs Speaks Statistics (Modified 13 Nov 2006)

【再掲】(いんすとーるめもより)
http://www.okada.jp.org/RWiki/index.php?ESSUsage ESS --- Emacs Speaks Statistics 使用方法

ESS には (i) R を Emacs から使う iESS モード,(ii) R スクリプト作成支援環境を提供する ESS[R] モード,(iii) R ヘルプから Example を実行したりできる help[R] モードがあります.
↑ iESS

R 起動 (M-x R)

複数の R を起動することが可能.

R 終了 (C-c C-q)

関連するバッファも全て消してくれる

最初からESSモードでemacsを起動する方法

コマンド履歴 (M-p, M-n) コマンド履歴の検索 (M-r, M-s) ヘルプ参照 (C-c C-v) オブジェクト一覧 (C-c C-x)

↑ ESS モード (R モード)

バッファから R へ直接コマンドを送る

↑ ESS-help

help(foo) で開いたヘルプのバッファにおいて,Example の各行に対して l で,コンソールバッファにコピーかつ評価される.

Today:1Yesterday:0Total:7239 since 22 September 2007

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 01 Apr 2009 (水) 22:48:01 (3949d)