「映像ミュージアム・プロジェクト」は,京都工芸繊維大学池側研究室が中心となって,地域メディア拠点として高校映像スタジオの利活用のあり方を検討するものです。プロジェクトでは,京都府立大江高校と協働し,同校の映像スタジオをはじめとする施設を活用します。そして福知山市大江町の住民のみなさんと大江高校の生徒,教職員の協力を得て,現地の風土・歴史や由良川とともにある文化・生活など,地域の「昔と今」に様々な手法を通して触れながら,映像を中心とした技術でそれらを保存・活用・共有する方法と場の検討を行っています

2016 - 2017 京都工芸繊維大学 池側ラボ

2017