確かなデータ分析に基づく新規な発見を

機器分析センター Center for Instrumental Analysis

  • 本センターは、各種測定・分析機器等を集中管理し、学内における教育研究の共同利用に供するとともに、計測・分析技術の研究開発等を行い、本学における教育研究の進展に資することを目的としています。
  • 本センターでは、学部課程、大学院専攻の教育研究を測定手段や設備面で支援するほか、学部課程、大学院専攻の枠を超えた先導的研究、学際的研究、融合的研究などを推進していく上で、本センター自体が特色ある研究の基盤形成に積極的な役割を果たしていくこととしています。

新着情報など News新着情報

2014年3月3日(月)
機器分析センターのホームページを、新しいデザインに変更しました。
2012年9月1日(土)
一部の分析機器の利用について、課金制度を適用することになりました。詳しくは各装置に掲示された注意書きをお読み下さい。

バナースペース

機器分析センター所在地

〒606-0962
京都府京都市左京区松ヶ崎御所海道町
京都工芸繊維大学 西部構内 総合研究棟内